高齢出産 リスク

妊娠、出産ができることは、女性にとって最大の「特権」であり「幸せ」。
しかし現代では社会生活の多様化によって、35歳以上の高齢で出産される方も増えています。
高齢であっても出産が喜びであることには疑いようがありませんが、
一方でリスクが増えてくるのも事実です。
高齢出産のリスクと、その回避法について正しい知識を身に付けましょう。

http://ukgeocachingshop.com/

 

高齢出産の主なリスク

一般的に、35歳以上の高齢での妊娠、出産は、若いときと比べてリスクやトラブルが大きいと言われています。

しかし、年齢に関わらず、昔から妊娠、出産にはリスクとトラブルがつきものでした。
一概に「高齢出産=危険」と言えるものではありません。

 

高齢でも何の問題もなく出産する方もいらっしゃいますし、10代、20代でも妊娠、出産のトラブルに遭う方もいらっしゃいます。
どの年齢でも油断は禁物!
高齢なら高齢なりのリスクを知り、しっかりと正しい知識で対処する”大人の出産”を目指しましょう♪

 

先天性異常

高齢出産のリスクとして、まず言われることが多いのは、染色体異常(ダウン症)や神経管閉鎖障害などの先天性異常です。
主な原因は卵子の老化、胎盤の老化、内臓の老化などに、母体の老化によるものと考えられています。

 

しかし、高齢出産=ダウン症候群ということではありません。
「高齢出産になるとダウン症候群の確率が高まる」ということになります。
実際、20代の発生率が0.1%未満なのに対し35歳以降は0.3%、40歳以上になると1%にまで上がると言われています。
加齢に伴う卵子の老化により、受精した受精卵の染色体異常が生じる可能性が高くなってしまうのです。

 

日本全体で見ると、ダウン症児の出生確率は1000人に1人と言われています。
年齢別に見ると、25歳では1200人に1人、35歳では290人に1人と、高齢になるほど確率は上がっています。

 

しかし、”出産する妊婦の数”自体が、若年層に多いため、実際に日本で生まれるダウン症児の80%は、35歳未満の”非高齢出産”の妊婦さんから生まれています。

 

この確率をどう考えるかは、人次第ということになりますが、決して「高齢出産だから先天性異常が起こる」と言うことではありません。
また、母体の老化が主な原因となりますので、普段の食生活や栄養補給、運動習慣などにより、老化を防ぐことは予防のために有効と言われています。

 

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群とは、母体のむくみや蛋白尿、高血圧など、いずれか1つの症状を指しており、中でも高血圧には注意が必要です。
高齢出産の場合、高血圧になる可能性は20代の1.8倍と言われています。
原因としては、加齢による内臓機能の低下、妊娠という生体の変化によるものと考えられています。

 

妊娠高血圧症候群を防ぐには、検診による早期発見および食事・栄養管理による健康維持が重要です。
また、体重管理にも注意しましょう。

 

流産

日本全体の自然流産率(10〜15%)に比べ、35歳以上での流産率は約20%と言われています。
主な原因としては、卵子や胎盤の老化、またそれに伴う胎児の先天異常で、胎児が正常に成長しなかったためと言われています。

 

とても悲しいことですが、若い人も10人に1人は経験することで100%の予防は難しいのが現状です。
急激な運動は避け、過労には特に注意が必要です。
精神的なショックやストレスも原因になりうるので、ゆとりを持ってストレスは溜めないよう心がけましょう。

 

高齢出産で気をつけるべきこと

・睡眠・休息はしっかり取る。

・体調管理に気を付け、バランスのとれた食事を取る。
・塩分は控え目にする。
・ストレスを溜めない。
・タバコ・お酒はやめる。

 

推奨される”葉酸”の摂取

近年、サプリメントなどで注目があつまり認知度もかなり高まっている栄養素が”葉酸”
葉酸は、ビタミンBの一種で、胎児の成長において必要不可欠な栄養素の一つです。
厚生労働省では、妊娠を希望する方、妊活中、妊娠中、二人目を希望する方まで、どの段階でも葉酸の摂取を推奨しており、
平成14年から日本でも母子手帳に摂取の推奨が記載されるようになりましたが、
アメリカなどではすでに、妊娠が可能なすべての女性に1日400μgの摂取が推奨されています。

 

妊娠初期に葉酸を十分に摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害などの先天性障害のリスクを軽減する効果が認められています。

 

葉酸を多く含む食材

葉酸が多く含まれる食品として代表的なものは、

 

ほうれん草、アスパラガス、ブロッコリー、納豆、いちご、マンゴー

 

などが挙げられます。
しかし、水溶性ビタミンなので水で溶けやすい上、熱にも弱く、保存にも向かないため、調理段階で半分以上が失われています。
このため、サプリメントなどによる摂取が推奨されています。

 

人気の葉酸サプリメント

近年では、健康食品で有名なメーカーが発売している『ベルタ葉酸サプリ』などが非常に売上を伸ばしており、

妊娠中のリスク軽減に関する認知の広がりと、高齢出産が多くなってきた時代背景を反映していますね。
ベルタ葉酸サプリには、葉酸だけでなく美容成分なども含まれており、自分のケアが中々できない妊婦の美容や体調管理にも効果があるところが人気のポイントのようです。

 

また、葉酸は胎児の成長に必要であるだけでなく、摂取した女性本人の健康維持にも効果があるため、
(現に、アメリカでは妊娠に関わらず全ての女性に摂取が推奨されています。)
高齢出産のリスクの主因となる、母体の老化を防ぐという点でも、順調な出産のために不可欠であると言えます。
その他にも、心臓病の予防・子宮頸がんの予防・貧血の予防などの効果が認められています。

 

↓↓↓ベルタ葉酸サプリについて、詳しくは公式サイトへ↓↓↓

 

妊娠中のママのための

☆ベルタ葉酸サプリ☆

 

葉酸摂取時の注意点

現在、葉酸サプリは様々な種類がある為、気軽に葉酸を摂取しやすくなっています。
厚生労働省によると、葉酸の摂取量は1日1000μgが上限となっているので、1000マイクログラムを超える過剰摂取に気をつけましょう。
ベルタ葉酸サプリを例にすると、1日4粒までの摂取が推奨されています。

 

葉酸と相性のいい食材

葉酸は、単体では吸収されにくく、すべての効果を発揮できません。(サプリメントの場合は、吸収を助ける栄養素も配合されています)
葉酸の吸収を手助けしてくれる代表的な栄養素は「ビタミンB12」です。
ビタミンB12は、主に魚介類に多く含まれており、

 

あさりやしじみ、はまぐり、いわし、さば、さんま

 

などの魚介類に多く含まれているので、「魚介類+緑黄色野菜」をセットにした食事を中心としていくのがオススメです。